<< 通貨統合 | main | 突然の退陣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
おいおい、大変だよ〜。
西武線で爆弾テロ狙う ダイナマイト並みの爆薬原料も保有
9月10日12時18分配信 産経新聞 by Yahoo news
 インターネット通販などで購入した薬品で爆発物を製造、所持したとして、爆発物取締罰則違反容疑で警視庁公安部に逮捕、起訴された男が「職のある人を狙い、西武新宿線の電車内で爆弾テロを起こそうと思った」と供述していたことが、分かった。10日午前、東京地裁で開かれた初公判で検察側が冒頭陳述で明らかにした。男は、1995年の米オクラホマシティーの連邦ビル爆破テロ事件で使われ、ダイナマイト並みの破壊力がある「ANFO爆薬」の原料を保有していたことも新たに判明した。
 男は東京都東久留米市柳窪、元会社員、寺沢善博被告(38)。今年4〜5月にかけ、ネット通販や薬局で購入した化学剤アセトン500ミリリットルなどを使い、爆発物「TATP」(トリアセトントリパーオキサイド)約100グラムを製造、所持していた。TATPは海外で自爆テロなどに使われている。
 公安部の調べに、寺沢被告は「電車内で自爆テロを起こすため、ネットで製造方法を学び、爆発物を作った」と供述。都内の国立大を卒業後、専攻した暗号学を生かそうとして通信会社に就職したが、人間関係が合わずに退職。スーパーや登録した人材派遣会社の紹介で職を転々としたが、長続きせず、社会に不満を抱き始めた。
 寺沢被告は「朝の通勤ラッシュ時、自宅の最寄り駅の西武新宿線鷺ノ宮駅から高田馬場駅の間で爆発させ、職のある人を巻き添えにしようと思った」とも供述した。


ってなに!?
よりによってなぜ西武新宿線?
しかも東久留米市でなぜ最寄り駅が鷺ノ宮?
鷺ノ宮〜馬場間は準急、急行が通過する区間です。
これだけローカルだけど地元感の強い記事なので、まったく笑えませんね。
都立の国立大卒で、専攻の暗号学を生かして通信会社勤務、人間関係が原因で退社、派遣会社で転々。
これって完璧なストーリーですよね。
そして最後が爆弾テロ計画未遂で逮捕。。。
まったく何考えて生きているのでしょうかね。
| 日記 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://m-pochette.jugem.jp/trackback/286
トラックバック
TATP
TATP過酸化アセトン(かさんかアセトン、Acetone Peroxide)は有機過酸化物の1種。高性能爆薬として使用される。一般的にはトリアセトントリペルオキシド(略称TATP、化学式 炭素|C9水素|H18酸素|O6、分子量 222.24、CAS登録番号 17088-37-8)を示す
| あやの日記 | 2007/09/11 10:27 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
フォトアルバム
Yahoo NEWS トピックス
お天気
時計
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS