<< 日印EPA交渉 | main | WTO交渉の最大の難関克服へ!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
高校生の情熱!!
阪神百貨店も太鼓判 高校生が開発「アレルギーでもOK」の卵
1月12日20時29分配信 産経新聞 By Yahoo News
 兵庫県立播磨農業高校(加西市)の生徒らが開発した鶏卵が「卵アレルギーの人でも食べられる」と人気を集めている。その名も「ハリマ夢たまご」。エサを工夫し、アレルギー症状を緩和させる成分を多く含ませた。口コミで評判が広がり、昨年末から阪神百貨店(大阪市北区)でも発売された。
 開発したのは、同校畜産科3年の卵生産研究班の生徒ら。「卵アレルギーの人でも食べられる卵を」と研究に着手。納豆やおからなど「健康によい」とされるさまざまな食材をエサに混ぜ、ニワトリに卵を産ませる実験をした。その結果、シソや魚粉を混ぜたエサを食べたニワトリに、アレルギー抑制効果があるとされる不飽和脂肪酸「α−リノレン酸」の含有量が通常の約5倍の卵を産ませることに成功した。
 この卵に、生活習慣病予防の効果が注目されるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)も豊富に含まれていることも判明。ニワトリがストレスを感じないよう平飼いを導入。血液検査も行うなど“健康診断”体制を強化し、ニワトリの病気の感染を防止するなど「食の安全」にも細心の注意を払い、商品化に成功した。
 このたまごを近所の住民などに試験販売したところ、人気が徐々に広がり、メディアでも取り上げられるようになった。評判を聞きつけた阪神百貨店が出荷を依頼。先月上旬から週120個ペースで出荷を始めたところ、すぐに売り切れるなど大人気となった。
 卵アレルギーの孫がいる夫婦から「卵を食べることができた」とお礼の手紙を受け取るなど感謝の声が続々と寄せられたという。
 生徒らの指導にあたる赤沼幸一教諭(37)「現時点では生産量が限られているが、養鶏業界が冷え切っているだけに、生徒や業界などに夢を与えられればうれしい。効果を裏付けられれば、卵アレルギーで困っている人たちに光を与える製品としてアピールできる」と話した。


すごいですね〜。
彼らの情熱を感じました。
私が高校生の頃は・・・。
それはもう、相当お粗末なものでしたよ(苦笑)
でもそれこそ専門家や酪農家のみなさんもこのような研究や開発を日々行っているのでしょう。
この記事のすごいと感じたところは、それを商品化し市場へ流通させるところまでやれたところにあると思います。
鳥インフルエンザが世界規模で蔓延している中、養鶏業界に日本の高校生が新たな風を吹き込んだのは本当にすごいの一言に尽きます。
記事をよく読んでみたら、何もそんなに難しい最新技術などを駆使したようには感じられませんでした。徹底した管理と工夫がもたらした結果のようです。
これからの彼らの課題は、この素晴らしい商品を安定的に大量に生産し市場に送り込むことでしょう。頑張って欲しいのと同時に、自分も頑張らねばと思います。

JUGEMテーマ:日記・一般


| ニュース | 12:04 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:04 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://m-pochette.jugem.jp/trackback/387
トラックバック
「兵庫県立播磨農業高校」についてのクチコミブログをピックアップ
兵庫県立播磨農業高校 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…
| クチコミブログをピックアップ | 2008/01/13 12:42 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
フォトアルバム
Yahoo NEWS トピックス
お天気
時計
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS